打撃で重要な前傾姿勢 「分割と反復」で理想のフォームを固める“米国流”トレ

スキルコーチ菊池拓斗さん 米国で技術指導の知識を吸収

 米国で野球指導を学んだスキルコーチの菊池拓斗さんは、打撃フォームの習得には動きの分割が有効だと考えている。中学生に勧めているメディシンボールを使ったトレーニングも、その1つ。前傾姿勢の作り方や体のひねりなど、パートに分けて動きを覚えてから連動させると、効果的にフォームを固められるという。

【無料で見られます】プロ選手を多数指導したトレーナーが実演 トレーニングのプロが動画解説【TURNING POINT】

 大学まで野球を続け、卒業後は日本で野球の指導をしていた菊池さんは、25歳で米国へ渡った。プロの指導者になるためだった。米国では個人練習の時間を重視し、体の動きを分割して教える方法を学んだ。

「打席の中では、体の動きを意識しているうちに投球が来ます。ポイントとなる体の動きをパートに分けて反復練習する指導法が、最も効果的だと感じました」

 例えば、菊池さんはスイングする時に胸をホームベース側に倒す前傾姿勢を大切にする。投球に対してバットの芯で捉える確率が高いスイング軌道をつくり、インパクトの瞬間に最大限の力を伝えるためだ。前傾せずに体を起こしたままバットを振ると体の横回転が強くなり、肩が早く開いたり、腕が体から離れたりして力が逃げてしまう。

【次ページ】メディシンボールでフォーム固め 動きを1つずつ加えて連動