華麗な逆シングルを決めるには? 川崎宗則が実演指導で伝える“押し引き”の重要性

公開日:2021.12.14

更新日:2023.12.14

XFacebookLineHatena

打球は正面で捕れ…型にハマった指導に捉われないのがムネリン流

 守備で華麗さが際立つ「逆シングル」。育成世代では、まだ正面で捕ることが絶対正義だとの考え方もあるが、元ソフトバンクの川崎宗則内野手は堂々と子どもたちに伝授している。ただ、体が未発達だからこそ気をつけなければいけないポイントも欠かさないのがムネリン流。実演した指導映像は、小学生の時にこの動画見たかったって思うくらい、勉強になる動画ですね!」との声も寄せられている。

 自身の公式YouTubeチャンネルで公開している動画では、室内練習場で子どもたちと一緒にノックを受ける姿が切り取られている。逆シングルを勧めない指導者がいることについては、力がない小学生世代の選手たちは打球の威力に押し負けて「(グラブを)持っていかれやすい」と指摘。回避する方法として「(グラブを)前に出してあげる」とコツを見せて示している。

 反対に、引いて捕る方法も合わせて説明。打球に向かっていくだけでは対応力に制限が出るとして、一歩引きながら半身のような体勢でキャッチする方法も紹介。飛んでくる球の威力やバウンドに応じた“押し引き”が肝心だと説いている。「前に出て正面で捕る」という型にハマり切ったことは一切言わない川崎。子どもたちに柔軟性を与える指導に対し、コメント欄には「こういう良い動画は拡散して欲しい」との声もあった。

【次ページ】【実際の映像】子どもだって逆シングルOK…川崎宗則の実演指導が「勉強になる動画」