少年野球の子どもたちにも見せたい DeNA石井琢朗新コーチが伝える内野守備の基礎

2021.11.24

TwitterFacebookLineHatena

DeNA石井琢朗新コーチが秋季練習で指導する様子を球団公式インスタグラムが公開

 守備の基礎とは何だろう? 指導者ならば考えたことがあるはずだ。まだ答えにたどり着いてない方はぜひ参考にしてほしい映像がある。DeNAが公式インスタグラムで公開した石井琢朗新コーチによるゴロ捕球は、子どもたちに見せたくなる内容となっている。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 現役時代は三塁、遊撃として活躍した石井コーチは守備の名手として名を馳せた。古巣に戻り、まず基本動作を伝えている。捕球体勢に入る際にイメージする“三角形の描き方”では、その底辺の位置が重要となる。またボールの待ち方、グラブの面の見せ方、ファンブルした時のために必ず「保険として」行う右手の添え方など、丁寧にナインに伝えている。

 インスタグラムでは「野球教室に参加した少年のように真剣に聞き入る選手たちの表情も新鮮です! ぜひ内野手の気持ちでご覧ください」と紹介。見ている子どもたちも練習参加しているようなイメージを持てるだろう。

(First-Pitch編集部)

【動画】子どもたちにも見せたい! DeNA石井新コーチの守備講座