少年野球の現場に残る“悪しき風習” 子どもを守るために親がすべきことは?

悩みと向き合う指導者を取材し、得た回答を紹介します

 First-Pitch編集部では野球に関わる人たちの疑問解決のヒントを届けていきます。「First-Pitchコーチ」と題し、取材に基づいた参考例を紹介します。今回は「少年野球の保護者が抱える悩み」についての後編。古い体質に悩む方が多いと聞きます。現場から聞こえてきた声をもとに、現場に出ている指導者さんから話を聞き、解決策をご紹介していきます。【後編】

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

○チームの活動が時代に合ってない、野球界の古い体質が蔓延っている

 令和になった現在も、野球界に残っている“悪しき風習”の存在は否定できないでしょう。それは暴力や暴言であったり、「とにかく走れ」という説明のない、押しつけの習慣だったり、様々ありますが、それらを「時代に合っていない」と思う保護者の方々が大半を占めるのではないでしょうか。

 この解決策においては「チームを変える」ことに尽きると思います。

 人格を変えることが難しいように、古い体質の指導者のやり方を変えさせることは困難を極めます。時代に沿った指導ができていない人間に、指導方針を変えるよう糾弾すれば、トラブルになることは免れないでしょう。

 通っている塾の授業方針が合わなければ塾を変えるように、チームの指導方針が合わなければチームを変えてしまうのが一番合理的だと思います。重要なのは、「子どもを守ってあげられるのは親しかいない」ということです。何か起こってしまう前に、我が子を守るため決断することが大切でしょう。

【次ページ】指導を受けた子どもが迷ってしまう事案