「肘を前に出すと肘や肩に負担がかかって、怪我のリスクが上がる」

 これまでの常識を覆す指導には根拠がある。内田さんは現役引退後、自らの体を“サンプル”にして、どのように体を使えば球速が上がり、体への負担が少ないかを実験してきた。そして、肘を前に出さない投球フォームにした結果、硬式で154キロ、軟式で155キロを計測した。内田さんは「肘を前に出すと肘や肩に負担がかかって、怪我のリスクが上がると考えています。最近は同じ投げ方で結果を残している投手も増えています」と話す。オリックスの山本由伸投手やソフトバンクの千賀滉大投手ら、球界を代表する投手も内田さんの考え方と一致している。

 内田さんは子どもたちに指導する際、「肘を前に出さないように」とは伝えない。自然と肘が前に出なくなる体の動き方を身に付ける練習メニューを組む。その1つが、手でつかめない大きさのボールを思い切り投げる練習だ。指先でコントロールできる野球ボールと違って、肘を前に出す投げ方では、大きなボールを強く投げられない。

ボールを握ろうとせず、体全体を使ってボールに力を伝える意識で投げると、肘や肩に負担をかけず球速を上げる投球フォームが身に付く。実際、継続的に指導している選手のほぼ100%が球速アップに成功しているという。

 ボールが大きいと回転が見やすいため、修正点をイメージしやすいメリットもある。大きなボールを投げる時も球速を測り、体の使い方と球速の感覚をつかめるようにしている。ユニホームを脱いでから自己最速を更新した内田さんは、球速アップの方法を自らの体で証明している。

【次ページ】【実際の動画】ドッジボールを用いて自然と“肘が前に出ない”フォームを身に着ける…NEOLABでの練習風景