野球を始める子どもに最適なグラブは? ポイントは固さとサイズ…専門店がアドバイス

公開日:2023.02.04

更新日:2023.12.26

文:橋本健吾 / Kengo Hashimoto

XFacebookLineHatena

小学生ならオールラウンド用、すぐに使える柔らかいグラブがお勧め

 野球未経験の保護者が子どものために用具を購入する際、一番迷うのが「グラブ選び」だという。近年は各メーカーが、様々な種類のグラブを展開しているが、西日本最大級の野球専門店「ミチイスポーツ」の道井義之社長は「小学生なら、まずオールラウンド用で問題ありません」とアドバイスを送る。

 新年度を迎えるにあたり、店舗には野球を始める子どもと一緒に保護者が多く来店する。グラブは内野手、外野手、投手、捕手、一塁手など数種類が存在する。だが、小学校低学年向けのグラブは、ほとんどのメーカーがオールラウンド用として販売しているという。

「体の小さい子に大きなグラブは扱いにくい。どのポジションでも守れるグラブが一番いい。あとはウェブなどデザインですが、個人の好み。強いて言えば、柔らかいグラブです」

 新品のグラブは皮が固く、慣らすまで時間がかかり筋力の弱い低学年の子どもには扱いにくい。そこで各メーカーは湯もみなども必要ない、最初から革が柔らかいグラブを提供している。価格帯も1万円以内で購入できるものあるという。

 その他には実際に手にはめてもらい、自分の感覚にあったグラブを選ぶのがベスト。同じメーカー、形でも「革の違いで質感なども変わってきます。全く同じグラブは存在しない。手に取って選んでもらう方が失敗はないと思います」。野球を始める際のグラブ選び。子どもが良いスタートを切れるよう、最適なものを準備したい。