アンダースロー転向で大成功…少年時代に繰り返していた「モノマネ」

 中学校まで軟式でプレーしたのは、今考えると良かったという。「入学したときは体がまだできあがっていなかったので……。硬式を扱っていたら、絶対に怪我をしていたと思います。やっぱり軟式ボールは軽いし、やわらかい。そこから徐々に進んで行けばいいと思いますね」。

 昨春のキャンプ中、突然新庄剛志監督にアンダースローへの転向を提案された。わずかな期間でものにし、現在は日本ハムの先発ローテーションの一角を支える。その過程で、役立っているのかなと思える少年時代の経験がある。

「子供の頃、柔らかいボールで公園で野球ごっこをするじゃないですか、その時にいろんな選手のマネをしていたんですよ。ロッテの選手ばっかりです。それこそ渡辺俊介さんとか、西岡剛さんとか、里崎(智也)さんとか」

 アンダースローを磨き上げる中で参考にした、元日本代表でもある渡辺俊介氏の投球フォームを、実は子どもの頃からつぶさに見ていたというのだ。

 鈴木に勝利の喜び、野球の楽しさを教えてくれた久保田ロングスは、いまはもうない。「地元に子どもが少なくなって、教えてくれる方もボランティアじゃないですか。野球が好きじゃないとできない。本当にすごいなと思います」。かつての自分のように、忘れられない1勝をきっかけに野球を続ける子どもが増えることを願っている。