野球大好き美女キャスターがお忍び潜入 プロ選手が“潰される”衝撃の練習機器を体感

NHKのメジャーリーグ情報番組でMCを務めた菊池柚花さんがリポート

 皆さんこんにちは! 菊池柚花(きくち・ゆうか)です。今年はNHK BS1「ワースポ×MLB」の情報キャスターとして、野球の奥深さを学びました。もっと野球の技術を学んで、私も野球が上手になりたいと思い、プロ野球選手もお忍びで通うトレーニング施設に潜入してきました。実際、施設へ行ってみると驚きの連続。トレーナーさんから見せられたのは、野球選手たちが追い込まれた跡。野球人たちの隠れた努力と凄さを知ることができました。

【プレミアムプラン「無料体験」実施中】現役32年、山本昌氏の故障しない秘訣 投球のプロが動画解説【TURNING POINT】

◇◇◇◇◇◇◇

 私の夢は「始球式に出る」こと。目指すからには、球場中がどよめくような渾身の一球を投げ込みたい。そんな期待を胸に私は、国内でも珍しいというピッチング特化型のトレーニング施設・NEOLAB(ネオラボ)にお邪魔してきました。

 施設の中へと足を踏み入れると、目の前にはあらゆるトレーニング器具や見慣れない機材の数々。壁一面がコンクリートに囲われ、周りにネットが張り巡らされた室内は、まるで”秘密基地”。思わず野球少年のように心ときめく、ワクワクに溢れた空間でした。私にとってトレーニング施設は初潜入ということもあり、新鮮すぎる光景に心躍りました。

 今回、案内してくださったのは、株式会社NEOLABの代表・内田聖人さん。早実、早大でプレーし、米独立リーグにも挑戦。現在はプロアマ問わず、数多くの選手たちに指導を行うトレーナーとして活躍されています。そんな内田さんは、2019年にピッチングに特化した施設・NEOLABを設立。アメリカではすでに主流になりつつあるドライブラインの思考を取り入れた、本場顔負けの施設です。球速や回転数を計測し投球データを解析できる最先端の機械はもちろん、投手に必要な筋力を鍛える様々なトレーニング設備も非常に充実しています。

 数々の器具が揃う中で、印象的だったのは少し変わったあるトレーニング用の器具。一見どう使うか分からない謎の器具の正体は、スクワットを行うためのもの。重りをつけた器具と腰に巻いたベルトを繋いでスクワットを行い、体へ負荷をかけていくそうです。実は、ごく一般的な肩に担ぐタイプのスクワットは、背中への負担が懸念されるということで、怪我のリスクも考慮してこの器具の導入を決めたそうです。

【次ページ】トレーニング機器をひとつとっても伝わる「野球愛」