打撃は構え方で「8~9割決まる」 大阪桐蔭元主将が伝授…押さえるべき3つのポイント

公開日:2023.01.21

文:First-Pitch編集部

XFacebookLineHatena

ミノルマンの愛称で野球指導する廣畑実さん

 高校野球の強豪、大阪桐蔭で主将を務め、現在はミノルマンの愛称でYouTubeや野球塾で技術や知識を伝えている廣畑実さん。小中学生に伝えたい打撃の重要要素として「構え方」をあげる。打撃フォームは人それぞれだが、押さえておくべきポイントが3つあるという。

 まずは「背中」で、猫背のようにやや丸めるイメージと説く。真っすぐ立つと、低めの球が「すごく遠く感じてしまう」と指摘。「頭を前に倒すイメージ」と語る。2つ目は「肩甲骨」を前に出すこと。投球の7~8割は外角とし、外角を打つために「必須」と強調している。

 そして3つ目は「膝」。曲げてしまうと真っすぐ立つ形になるため、つま先よりも前に出さないことが鉄則だと強調する。この3点が構え方の基本で、結果として「外角球に届きやすくなる」と説明。外角球の打ち方が身につくと、内角も「さばきやすくなる」と言う。

「打てるかどうかは、構え方で8~9割が決まる」と廣畑さん。子どものうちに基本をしっかり身につけて将来につなげたい。

【実際の映像】打撃の基本は構え方 大阪桐蔭元主将が実演…重要な3つのポイント

トレンドワード