甲子園優勝&元プロ指導者が語る…伸びる選手の特徴 小学生から心掛けたい“行動”

明石ボーイズJr.の筧総監督「伸びる選手は一人でもしっかり練習できる」

 野球の実力をアップさせるには何が必要なのか? 小学生の時から意識しておきたいポイントは多くある。兵庫の軟式少年野球チーム「明石ボーイズJr.」で総監督を務める筧裕次郎氏は、伸びる選手の特徴を「明確な目標を掲げ、逆算できる選手」と口にする。

【プレミアムプラン「無料体験」実施中】子どもの「やる気スイッチ」を見つけ方 各分野のプロが動画解説【TURNING POINT】

 明徳義塾(高知)で全国制覇を経験し近鉄、オリックスでプレーした筧総監督は「小学生の時から一人でも練習できる癖を身に付けてほしい」とポイントをあげる。全体練習で出た課題を家に持って帰り、克服することが大事だと感じている。

「全体練習は“発表会”の場所だと思っています。家でやる自主練習などで、相手にどれだけ差をつけることができるか。僕は一人でやるのが“練習”だと思っている。伸びる選手は、一人でもしっかり練習できる子が多い」

 個々の能力を上げることが、チーム力をアップさせることに繋がっていく。「結局、最後は本人次第になってしまう。どれだけ、やることができるか。芯を持っている子は強い」。技術以外の部分が大事になってくるという。

【次ページ】チームを考えた行動を取ることも「伸びるポイントの一つ」