話題の野球女子が秋冬注目の野球アイテム紹介 暖かさと心地良さに驚きと感動

公開日:2021.12.11

更新日:2023.12.26

XFacebookLineHatena

暖かくて気持ちいいアンダーシャツに“一目ぼれ”

 驚きと感動の連続だった。今話題の野球女子・女優の小玉百夏さんが、秋冬注目のミズノの野球用品を紹介。寒さを防ぎながら動きやすさも兼ね揃えるアイテムに「今すぐ、これに代える」と大興奮した。

「暖かいし気持ちいい」。小玉百夏さんが「ミズノトウキョウ」で最初に手にしたのは、練習や試合の必需品となるアンダーシャツ。店頭には今、吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を使ったアンダーシャツが並んでいる。

アンダーシャツを着用した小玉百夏さん【写真:編集部】

「ブレスサーモ」は人間の体から発生する水分を吸収し、発熱して保温できる。寒さが厳しくなる秋から冬にかけて、ウオーミングアップから体を暖めてほぐすことができる。実際に着用した小玉さんは「すぐに体が暖かくなります。薄いので動きやすいですし、着心地も柔らかくて気持ちいい。普段着ているアンダーシャツは、この3倍くらい厚さがあります。今すぐ、これに代えます」とテンションを上げた。

野球手袋をした小玉百夏さん【写真:編集部】

「ブレスサーモ」は他に、アウターや手袋にも使われている。体が暖まって汗をかいても消臭効果があるため、野球女子にもうれしい。洗濯しても、効果が落ちることもないという。小玉さんは「これからの寒い時期は、いつも身に付けたくなります。私は汗かきなので、臭いが気にならないところもいいですね」とほれ込んだ。

座ってブランケットをひざにかける小玉百夏さん【写真:編集部】

 寒さ対策が必要なのは、野球少年・少女だけではない。練習や試合の応援で長時間、外にいる保護者も体が冷える。そこで、小玉さんがおすすめするのが「フリースブランケット」。保護者の悩みに解決できるよう、使い方が3通りある。

 まずは、オーソドックスなひざ掛け。次は、スカートのように腰に巻いて。70センチ×120センチのブランケットを腰に巻くと、足首まで覆われるため風をしっかりガードできる。そして、肩から羽織るポンチョにもなる。ボタンが複数ついているので、子どもから大人までサイズ調整できる。

【次ページ】冬のおすすめアイテムにグラブクリーナー…その理由は?