野球を続けたい子どもたちに7万円相当の用具寄贈 日本ハムが“ひとり親世帯”を支援

公開日:2023.01.18

更新日:2023.12.26

文:記事提供:パ・リーグ インサイト

XFacebookLineHatena

北海道在住のひとり親世帯が対象…7万円相当の用具を最大10人に寄贈する

 日本ハムは、ファイターズ基金を活用した支援活動「GEAR UP(ギア アップ)」で、北海道在住のひとり親世帯の子どもを対象に、1人当たり7万円相当の野球用具を最大10人に寄贈することを発表。「野球を始めたい」または「続けたい」という対象となる球児を1月31日まで募集している。

 球団は、国勢調査(2020年)による、北海道の子育て世帯数100世帯のうち父子・母子家庭が占める割合が、10.11世帯と全国平均(6.62世帯)よりも高いことに着目。加えて、野球はグラブ、バット、スパイクなど必要な用具が多いスポーツでもあることから、経済的理由により野球を諦めてしまう子どもが1人でも減るように、ファイターズ基金を活用した支援を行っている。

 球団公式YouTubeチャンネルでは、昨年4月に札幌ドームで行われた寄贈式の様子を公開中。プレゼンターを務めた田中賢介氏は、もらったばかりの野球道具を夢中になって広げている子どもたちを見て「自分も小さな頃に道具を買ってもらって嬉しかったことを思い出しました。とにかく野球を楽しんでほしいし、子どもを想って今回応募してくれたお母さんの気持ちを大切に、感謝を忘れず家族一緒に頑張ってほしい」とメッセージを送った。

「プロ野球選手になる」といった夢はもちろん、野球を通して仲間と出逢ったり、部活動などで充実した時間を過ごしたり、野球というスポーツを通して前向きに日々を過ごし、人生の可能性を広げる手伝いをしていくという今回の取り組み。応募資格、応募方法など募集要項は球団公式ホームページまで。