親の負担増、常識が「通用しない」少年野球 それでも母親が喜びを感じられる理由

「常識が通用しない」あきらめの境地からやりがいを感じるまで

 親の抱える悩みや問題解決のヒントを示す連載「野球ママのReality」第2回。少年野球の世界でついて回る問題といえば「保護者の負担」について。次男が首都圏の硬式野球チームでプレーしている「野球ママ」の玲奈さんはチームに入る前、監督から「親御さんの仕事は非常に多いので覚悟してください」と言われたという。覚悟は決めたが自分の時間はほぼゼロ。土日の美容院通いもやめた。辛い時期もあったが、今は付き添いに喜びも感じている。楽しみを見つけることができたのだ。

◇◇◇◇◇◇◇

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 子どもがスポーツをしていると、「親も覚悟が必要」と感じているご家庭も少なくないと思います。うちの次男が所属している硬式野球チームでは、父親が土日は仕事で動けないケースが多いため、子どもを送迎するために運転免許を取った母親もいます。次男のチームは人数が多く練習場所が足りないため、保護者がグラウンドの予約をする時もあります。自分の子どもは自分の車で連れていく覚悟が必要になります。

 他にも、保護者にはビデオや写真を撮影する係もあります。土日は両親で練習や試合を見る家庭が多く、保護者が子どもたちやチームのサポートをするのが当たり前という意識があります。私たち夫婦も土日に予定を入れなくなりました。美容院に行くなど、土日の自由な時間がなくなるストレスはありますが、他の保護者も何かを犠牲にしていると感じています。

 最初の頃、私は「何で親が、ここまでやらないといけないのか」と思っていました。サッカーをしている子どもの母親は野球よりずっと楽そうで、何で野球はこんなに大変なのかと。1番の理由は、拘束時間の長さです。他のスポーツは半日で終わるものが多い中、野球は午前9時から午後5時が当たり前。拘束時間が長さについて、監督からは「野球には独特の世界がある」と言われたこともあって、半分あきらめの境地で受け入れるしかなかったですね。

【次ページ】いいことだってある。それは“応援団”ができること