下半身の動きで打球が変わる 野球指導のプロが解説…小学校高学年向け打撃ドリル

野球スキルコーチ菊池拓斗氏 米国で学んだ知識と技術を指導

 打撃で強い打球を飛ばすには、下半身の動きが重要になる。米国で選手への技術指導を学んだ野球スキルコーチの菊池拓斗さんは、年代別のドリルが打撃を向上させると訴える。小学校高学年に必要なドリルの1つが、下半身の回転動作を覚えるトレーニング。軸足と胸の動きが重要になる。

【無料で見られます】「近すぎる距離が成長を妨げる」年中夢球氏が解説する子どもとの“接し方”【TURNING POINT】

 菊池さんは米国で野球の技術指導を学び、現在は指導のプロ、野球スキルコーチとして少年野球の子どもたちに技術や知識を伝えている。打力を上げるには体や技術の成長に合わせたドリルが必要で、小学校高学年には下半身の回転動作を身に付けるトレーニングを勧めている。

 小学校高学年になると、投手の球速や球威は増す。強い打球を飛ばすには、スイングの強さと速さが必要で、下半身の動きがポイントになる。菊池さんは「腕だけで強くスイングしようとすると、バットのヘッドが返ってしまいますし、スイングの軌道も崩れてしまいます」と指摘する。

 大切なのは下半身の回転でバットを振ることと、下半身の力を上半身に連動させること。菊池さんが提案するドリルの1つは「バット抱えスイング」。両腕を胸の位置に上げてバットを抱え、下半身を回してティースタンドに置いたボールを打つ。

【次ページ】チェックポイントは軸足のつま先と胸の向き