ドラ1指名をつかんだ教え「ゴロは打つな」 小柄でも…二刀流が感謝する小学時代

公開日:2023.08.16

更新日:2023.12.26

文:羽鳥慶太 / Keita Hatori

XFacebookLineHatena

日本ハムの矢澤宏太が感謝する「ゴロは打つな」の指導方針

 日本ハムに今季ドラフト1位で入団し「投打二刀流」でプレーする矢澤宏太投手は、身長173センチとプロ野球選手としては小柄な体格だ。だからこそ、小中学生時代に受けた指導に感謝しているという。どんなチームだったのだろうか。

「小学生のときから、ゴロは打つな、フライアウトでいいからと教えられてきました。おかげで体は小さくても、飛距離を出せる選手になったのかなと思います」

 矢澤は小学生では町田リトル(東京都)に所属。中学生ではそのまま町田シニアに進み、硬球でのプレーを続けてきた。ポジションは一貫して、今と同じ投手と外野手だった。中学入学時の身長が、150センチないくらいの小柄だったという。

「今でも小さいですけどね。だからすごくいいチームに入ったと思っています。小中学校で可能性を狭めてしまうのは良くないと思うので」。小さくても、しっかりバットを振って遠くに飛ばす喜びを感じていた。野球本来の楽しさを感じていたことが、プロ野球選手への道を開いた。

 幼稚園の年長からチーム入りし、野球は「気が付いたらやっていた」という感覚だという。ずっと硬式野球を続けてきた意味を、どのように感じているのだろうか。

「硬式に移る難しさがなかったのが利点だと思います。軟式だとバウンドさせて打つとか、叩きつけるとか特有のバッティングがありますけど、今やっている野球にそのままつながっているというか……」

 その上で、少年少女に送りたいアドバイスがある。「野球は楽しくやらないと、うまくなれないと思います。グラウンドに行くことが苦になってしまってはいけない。試合で抑えたり打つのが楽しいと思ってほしいですね」。ボールを遠くへ飛ばそうと努力した少年時代を、思い起こしていた。

トレンドワード