鷹・今宮健太が語る守備上達のポイントは? 大事にしたい捕球のコツと練習法

公開日:2022.01.22

更新日:2023.12.14

XFacebookLineHatena

練習の基本はキャッチボール「それができれば上手くなる」

 どうやったら守備が上手くなれるのか。そんな疑問を抱えながら、日々練習に取り組んでいる少年、少女も多いのではないだろうか。守備が上達するための“コツ”を、プロ野球で守備の名手として知られるソフトバンクの今宮健太内野手が教えている。

 昨年12月に行われたソフトバンクのオンライン野球教室「ベースボールキッズ」。笠谷俊介投手と共に子どもたちにアドバイスを送った今宮は捕球する際のポイントとして「卵を強く捕ると割れるじゃないですか。分かりやすく言うと、卵を割らないように捕るということが1番かなと思います」と紹介。打球を捕る時は、卵を掴むように柔らかく捕ることがポイントだと語った。

 練習の基本に挙げるのは、やはりキャッチボール。「キャッチボールができないと、のちのち、色々捕って投げるというのができない。内野手も捕って投げるが完成形なので。捕る時は柔らかく捕る。それができれば、上手くなると思います」と語り、子どもたちにもキャッチボールを大切さを説いた。

 ランニングスローなどの華やかなプレーに憧れる子どもも多いはず。今宮はそういったプレーも「やってもいい」という。ただ、やはり基本が第一。「基本があって、基本をやった後に(ランニングスローなどは)遊びでやったほうがいいのかな。まずは普通にキャッチボールというのを正確に、相手の捕れる範囲に投げるというのはすごく大事なのかなと思います」と伝授した。

 ゴロ捕球の上達に欠かせないのは、数多くのノックを受けること。「ノックをたくさん受けて、このバウンドはここに行けば取れるという感覚を養うことが大事。そうしたら、ある程度の技術は身につくと思います」と今宮は語る。球界を代表する名手が語る守備のコツを頭に入れて、練習に励んでみてはどうだろうか。

【次ページ】【実際の動画】上達のヒントがあるかも? 鷹・今宮健太と笠谷俊介の野球教室の動画

トレンドワード