バットを振ってグラつく子、どう修正? 大阪桐蔭OB推奨…下方に意識向く“沈み込み”

文:高橋幸司 / Koji Takahashi

XFacebookLineHatena

大阪桐蔭で2度甲子園、都市対抗優勝…生島峰至氏が推奨する素振りの一工夫

 ボールを強く打ちたい、打球を飛ばしたい。そう思うほど上半身に力が入ったスイングになり、振り終えた後に体がグラついてしまう……。特に小学生レベルだと、そうしたことが起こりがちだ。大阪桐蔭高、同志社大、西濃運輸で活躍し、現在は野球スクールで子どもたちを指導する生島峰至(いくしま・たかし)さんは、日頃の素振りに“1つの動作”を加えるだけで、「下半身に意識を持たせてあげることができる」と語る。

 生島さんは、大阪桐蔭高では中田翔内野手(現中日)と同学年で、高校通算33本塁打の強打の外野手として2度甲子園に出場。西濃運輸では2014年の都市対抗野球で優勝するなど、アマチュア球界の第一線を歩んできた。現在は、大阪、名古屋、三重・四日市を拠点とする「BT野球スクール」を運営するなど、ベースボールアドバイザーとして活動している。

 投球にせよ打撃にせよ、野球の動きで大切なのは、下半身から上半身へいかに効率よく力を伝えることができるか。そのためにも打撃では、テークバックの時も、前足を踏み込んだ時も、バットを振り抜いた時も、膝が適度に曲がった状態で、頭の位置が変わらずに体が回転できていることが理想だ。

 そんな安定したスイングを身に付けるためにも、「下半身への意識付け」が第一歩となるのだが、そのために生島さんが推奨するのが、“沈み込みスイング”。やり方はシンプルで、日頃の素振りで、バットを振り切った際に、下半身を少しだけスクワットのように沈み込ませるだけ。強いスイングを心がけることがポイントだという。

 一見、簡単そうだが、「上体に力が入り過ぎて足が突っ張ってしまい、振り切った時に止まれず、沈み込むところまで辿り着けない子が多いです」と生島さん。「30スイングもすれば、足がパンパンになりますよ」と言うだけに、下腿を鍛えるトレーニングにもなりそうだ。下半身を使った理想のバッティングの第1歩として、子どもたちへの指導に取り入れてみたい。

【実際の動画】下半身への意識づけを“簡単”に 小学生でも取り組める「沈み込みスイング」

生島峰至さんも“新規参戦”…無料登録で指導動画が200本以上見放題

 野球育成技術向上プログラム「TURNING POINT」(ターニングポイント)では、無料登録だけでも200本以上の指導・育成動画が見放題。First-Pitchと連動し、小・中学生の育成現場をよく知る指導者や、元プロ野球選手、トップ選手を育成した指導者が、最先端の理論などをもとにした確実に上達する独自の練習法・考え方を紹介しています。

■専門家50人以上が参戦「TURNING POINT」とは?

■TURNING POINTへの無料登録はこちら

https://id.creative2.co.jp/entry

トレンドワード