バットにボールが当たらない悩みにヒント 少年野球の名将が勧める“両振り”

公開日:2022.08.27

更新日:2023.12.26

文:間淳 / Jun Aida

XFacebookLineHatena

多賀少年野球クラブの辻監督が推奨する“バットを振り戻す動き”

 重量のあるバットを振るだけでも大変な野球初心者にとって、タイミングを合わせて向かってくるボールを打ち返すのは至難の業。全国大会常連の滋賀・多賀少年野球クラブを指揮する辻正人監督は、バットを振ったら、振り戻す“両振り”の動きを勧めている。ボールをバットに当てるためにスイングの軌道を定める狙いがある。

 鋭い大きな打球を飛ばす気持ち良さが野球の楽しみの1つ。だが、野球を始めたばかりの子どもたちはバットにボールが当たらず、ストレスを感じてしまう。全国大会で連覇した経験もある少年野球チーム「多賀少年野球クラブ」の辻監督は「なかなかバットに当たらないのは普通のことです。動いているボールを打ち返すのは簡単ではありません」と話す。

 体が小さい子どもがバットを操るには、どんな方法が効果的なのか。辻監督が勧めるのは、スイングしたバットを振り戻す動きだ。トスしたボールに対して空振りをしたら、バットを地面と水平にして反対向きにスイングするように戻して、再び構えに入る。辻監督は意図を説明する。

「始めのうちは、1回1回スイングを止めるとバットの軌道が定まりません。バットの振り出しと振り戻しの軌道を同じにすると、均一なスイング軌道が生まれてきます。スイングした後に構え直すよりも、目の前でバットを戻して構え直すようにした方が、軌道が見えて分かりやすいと思います」

 練習の時は、指導者や保護者が子どものスイングの軌道に合わせてボールをトスする。軌道が一定になってくると、バットにボールが当たるようになるという。「最初は上手くいかないと思いますが、繰り返すうちに少しずつ感覚がつかめていきます」と辻監督。打撃は難しいだけに、ヒットを打てた時の喜びは格別だ。