元ドラ1右腕、巨人守護神ら豪華監督に女性コーチも セ“Jr.チーム”の首脳陣は?

巨人は13年最多セーブの西村健太朗氏が監督、阪神は昨季引退の上本博紀氏がコーチに

 12月28日から明治神宮野球場、横浜スタジアムで開催される小学生の軟式野球大会「NPB12球団ジュニアトーナメント2021」。次世代のNPBを担う選手を指導する首脳陣にも注目が集まる。セ・リーグでは、主に球団OBが監督・コーチを務めるが、女性コーチを起用するチームもあった。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

○巨人

監督:西村健太朗氏、コーチ:辻東倫氏、北之園隆生氏

 監督は2017年に巨人を引退した西村健太朗氏。2013年には球団記録の42セーブを記録した守護神で、プロ15年間で通算470登板した。その西村氏を27歳の辻東倫氏、26歳の北之園隆生氏がコーチとして支える。

○阪神

監督:白仁田寛和氏、コーチ:柴田講平氏、上本博紀氏、岩本輝氏

 監督は阪神、オリックスなどに所属した白仁田寛和氏。2007年の大学・社会人ドラフト1巡目で阪神に入団し、オリックスに移籍した2015年には43試合に登板して2勝2敗、防御率3.29の成績を収めた。また、昨年引退した上本博紀氏も同期の柴田講平氏らとともにコーチを務める。

○中日

監督:湊川誠隆氏、コーチ:酒井大輔氏、伊藤善司氏

 球団OBで青年実業家の湊川誠隆氏が監督を務める。“松坂世代”の湊川氏は2002年に慶大からドラフト8巡目で入団。2年で戦力外になったが、その後イタリアリーグなども経験。2016年から監督を始め、今年で5年目を迎える。

【次ページ】DeNAは女子コーチを起用、中学校から大学までソフトボール部に所属