女子小学生だけの全国大会は「特別な時間」 NPBが信じる“環境を変える力”とは?

決勝戦は坊っちゃんスタジアムで開催され、栃木スーパーガールズが優勝

 女子野球の熱は少しずつ高まっている。ただ、課題はまだまだある。特に深刻なのが、中学校・高校の受け皿の少なさだ。このほど、女子小学生だけのチームによる学童野球の全国大会「NPBガールズトーナメント」が行われ、栃木スーパーガールズが6-5で逆転サヨナラ勝利を収め、出場39チームの頂点に立った。この大会にあった大きな意義を伝えたい。

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 野球を続けられる「当たり前の環境」を作ろうとする思いが伝わった。決勝戦は8月5日、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで行われた。互いに譲らない熱戦。ともに初優勝を目指す、栃木代表・栃木スーパーガールズと京都代表・京都ガールズの一戦。試合は8回タイブレークまでもつれこんだ。

 NPB(一般社団法人日本野球機構)と公益財団法人全日本軟式野球連盟が主催する「NPBガールズトーナメント」は2013年に始まった。大会をつくった理由はシンプルだった。

「女子選手が試合に出場する機会を増やしたい。野球に情熱を持って、日々練習に励む少女たちの夢をさらに膨らませたい」とNPB関係者は語る。

【次ページ】選手からは喜びや感謝の声「特別な時間だった」