TikTokで人気の野球美女 売りは“しなやかな動き”…「ゆっち」ってどんな選手?

2021.09.23

TwitterFacebookLineHatena

「#ゆっちの日常」で人気の小林夕衣さんは前田幸長氏の教え子

 TikTokで人気となっている美人野球女子がいる。元ロッテ、中日、巨人で活躍した前田幸長氏が会長を務める都筑中央ボーイズで中学時代を過ごした小林夕衣(こばやし・ゆい)選手は、現在、埼玉西武ライオンズ・レディースでプレー。女子野球界で活躍している。前田氏の公式YouTubeチャンネル「前田幸長のチョコチャンネル」ではかつて汗を流したボーイズのグラウンドで、華麗なグラブ捌きを披露している。

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 小林さんは兄の影響で幼稚園から野球を始めた。大学野球で引退した兄を越え、社会人となった今も女子野球の第一線、埼玉西武ライオンズ・レディースで野球を続けている。その野球への一途な思いは昔から変わらない。

 小学校時代はチームのエースとして活躍し、中学入学時も、体格や技術で同級生の男子たちよりも目立っていた。しかし、徐々に力で勝てなくなり、約100人に及ぶ都筑中央ボーイズでのレギュラー奪取は難しくなった。だが、横浜隼人高へ進学し、女子野球部に入部をしてからは、主にクリーンアップを任され、三塁や遊撃を守った。大学女子野球の強豪・尚美学園大に進学してからも、上位打線を任され、二塁や遊撃で活躍した。大学4年間では8度の優勝を経験し、JAPANカップでは女子プロ野球チームを下して準優勝にも輝いた。

「自分の売りは守備。それと、笑顔と元気では誰にも負けません」と話す小林さん。「笑顔と元気は横浜隼人時代に監督から『三振してもどんなに厳しくても笑顔でプレーしなさい』と教わり、いつでも笑顔で元気にプレーするようになりました」

【次ページ】野球の基盤は中学野球、前田会長のノックだった