全国で打率.632&2HR…小学生離れした打撃技術 日本ハムJr.の有望スラッガー

岩見沢南ビクトリーの横田晃大くん「好きなポジションは捕手」

 北の大地に、将来有望な小学生がいる。北海道日本ハムファイターズジュニアのメンバーに選ばれた6年生の横田晃大くん(岩見沢南ビクトリー)は、左打席から大人顔負けの強烈な打球を飛ばす。8月に新潟で行われた「高円宮賜杯 第41回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」では、19打数12安打で打率.632、2本塁打と大爆発。初出場のチームを3位入賞に導いた。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

「バッティングが楽しくて好き。あの大会は緊張せず、チャンスでも打てる気がしました。ああいう感覚は初めて。家でたくさん振った結果が出ました」と笑顔で振り返る。

 駒大岩見沢高出身で、現在は岩見沢リトルシニアのコーチを務める父・晃嗣さんと夕食後に行う羽根打ちが日課だ。午後7時ごろから約2時間、テーブルを隅に避けて、居間を練習場に変える。小学3年生の時から毎日、晃嗣さんが様々な角度から上げるトスをひたすら打ち込んできた。「バットのヘッドが下がるので、上から振る縦振りを意識しています」と課題を持ちながら取り組んでいる。

 その打撃技術は、小学生離れしている。前回大会優勝の多賀少年野球クラブと戦ったマクドナルド・トーナメント準々決勝では右越えの豪快な勝ち越しアーチ。「詰まったけれど、左手で押し込めました。そのまま振ったらサードフライだったと思う」と自己分析するほどだ。好きな選手は、オリックスの主砲・吉田正尚外野手。「フォロースルーを見ています」と参考にしている。

【次ページ】所属チームの監督も期待「パンチ力はまだまだ伸びる」