野球が好きになる親子の“距離感” 元オリ投手が実感「できないことを責めても逆効果」

文:間淳 / Jun Aida

XFacebookLineHatena

オリックスとロッテでプレーした川越英隆氏…息子の少年野球時代に“失敗”

 オリックスとロッテでプレーし、引退後はロッテで投手コーチを11年間務めた川越英隆さんは、野球をしている息子の父親でもある。息子は一時、野球を続けるか悩んだ時期もあったが、親子の距離感を見直したこともあり、高校生になった今も野球を続けている。

 野球をする息子を持つ父親と共通の悩みを川越さんも抱いていた。さらに元プロだからこその難しさもあった。川越さんは一般的な家族と同じように、息子が小さい頃にキャッチボールをしていた。野球の楽しさを知った息子は小学4年生でチームに入った。

 経験も理解力も不足している小学生が、大人と同じようにプレーできるはずはない。川越さんも頭では理解していた。しかし、もどかしさを抑えきれない時があったという。「上手くなる方法を伝えようとすると感情的になってしまうケースが多かったですね」。指導に熱が入ってしまい、口調は厳しくなりがちだった。ただ、感情的に教えても息子は上手くなるわけではない。むしろ、逆効果だと気付いた。

「チームの監督やコーチ、自分以外の人から教えてもらった方が良いと感じました。父親に対しての甘えなのか、私が元プロ野球選手だったからなのか、あまり息子に言葉が響かなかったです。息子が上手くできないと私の教え方も厳しくなってしまうので、悪循環でしたね」

【次ページ】距離感を見直し…静観するスタイルへの変更で子どもは野球を継続