「あんな打球見たことない」監督も唖然 “客席着弾”中日Jr.小久保くんの衝撃

小久保颯弥くんが放った打球は神宮球場の左翼スタンドへ

 小学生の軟式野球大会「NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2021」で、中日ドラゴンズジュニアの小 小学生の軟式野球大会「NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2021」の決勝トーナメントが30日に神宮球場で行われ、準決勝の1試合目は中日ドラゴンズジュニアが福岡ソフトバンクホークスジュニアに11-7で延長8回タイブレークの末に勝利。左翼スタンドまで運ぶ1番・小久保颯弥くんの特大満塁弾で、2年連続の決勝進出を決めた。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 湊川誠隆監督も「プロになる」と絶賛する逸材が、試合を決めた。7-7の同点で迎えた8回。タイブレークで無死一、二塁からスタートし、先頭の小林大雅くんがバント安打で満塁に。打席を迎えた小久保くんは、ファーストストライクを振りぬいた。左翼手が一歩も動かないアーチは、小学生用に設置された柵をはるかに越え、神宮球場の客席に着弾した。

 自ら決めなければいけない理由があった。小久保くんは7-4とリードしていた7回に登板したが、2死から3本の安打などで3失点。同点に追いつかれた。「自分が打ってやろうと思いました」と、気持ちを奮い立たせ、一発回答してみせた。

 自らの失点を取り返す決勝弾に、湊川監督も思わず「自作自演ですね」と笑った。ただ、今大会初の神宮球場でのスタンドインに「あんな打球は見たことない」と唖然。悲願の優勝まであとひとつ。小久保くんは「もっと活躍して、優勝したい」と意気込んだ。

(川村虎大 / Kodai Kawamura)

【次ページ】【実際の映像】小6が神宮球場で衝撃のスタンドイン! 中日Jr.小久保くんの満塁弾

PREV

次の記事

NEXT

前の記事