スイングスピード7キロ増も? 元大阪桐蔭主将が開発…即完した“奇抜バット”の魅力

大阪桐蔭で主将を務め、「ミノルマン」の愛称でYouTuberとしても活躍する廣畑実さん

 打撃理論を突き詰め、生まれた野球ギアが注目を集めている。バットのヘッドスピードを上げる「ヘッドランバット」と、ミート力を上げる「ゲットラインバット」を開発したのが、大阪桐蔭高野球部で主将を務め、現在は「ミノルマン」の愛称でYouTuberとしても活躍している廣畑実さん。今回は発売と同時に即完売になった“魔法のバット”の魅力に迫った。

【参加無料】日本一の監督たちが集結「指導者サミット」…9月25日から5夜連続で開催 子どもと本気で向き合う指導者&保護者集まれ!

 2021年9月に発売したヘッドランバット。95センチ900グラムの大人用、90センチ700グラムの子ども用の2種類がある。重心がヘッド部分に寄っており、通常のバットに比べ重みを感じられるようになっている。ヘッドが重い分、手が反る動きが起きやすくなり、ヘッドが落ちている状態でスイングする感覚が得られるという。

 廣畑さん自身も、バッティングが変わった瞬間について「ヘッドが走る感覚を覚えてから」と明言。「飛距離も率も上がり、打席の中で余裕も持てた。泳がされても前で捌くことができるようになった」と振り返る。腕で振るのではなく、ヘッドの重みを使ってスイングすることで、ヘッドが走り飛距離が生まれ、体の小さい小学生でも“打球が飛ぶ”打撃フォームを自然と習得できる。

 近年は投手のレベルが格段に上がり野球界は「投高打低」と言われている。「小学生だから身長が低いから『ゴロを打て』『バットを短く持て』というのは違うと思う。バッティングの正解はホームランを打てる形。5年、10年後を考えれば絶対に身につけておいた方がいい」と力説する。使用した選手の中にはヘッドスピードが7キロアップした報告もあったという。

【次ページ】ヘッドスピード強化のヘッドランバット、ミート力強化のゲットラインバット