練習中に子どもが「アイス食いたい」 “野球嫌い”を防ぐ受け皿に…部員急増の異色チーム

文:羽鳥慶太 / Keita Hatori

XFacebookLineHatena

東京都江東区「Kincon」の特色「令和の子には令和のスタイルがある」

 東京都江東区で活動する「Kincon」は、親子2人で立ち上げてから2年足らずで、40人を超える小中学生がプレーするようになった学童野球チームだ。代表の佐藤輝彦さんは「僕はこの子たちのことを、友達だと思っています」と言うほど、指導者と子どもとの垣根が低い。それこそが「野球をやりたい」という子どもたちの気持ちを引き出すのだという。

「Kincon」の活動風景を見ていると、子どもたちが総監督の佐藤さんのもとにどんどん集まってくる。「最初は僕のこと、怪しんでいますけどね。おっさんですから。でも子ども1人1人と向き合っていると、だんだん距離がなくなってくる。『アイス食いたいんだけど』とか練習中に言われたり、ホースで水をぶっかけても来ますよ」。

 チームコンセプトとして、「子どもたちの『もっとやりたい』を引き出す」と掲げている。そのために怒鳴らない、威圧しない、試合に出られない子をつくらないというルールも決め、厳守している。

「道具を大事にしないとか、締めるところは締めますよ。でも締めっぱなしで1日ノックを受けるとか、昭和の野球はもう通用しない。令和の子たちには、令和のスタイルがあると思うんです」

 楽しく感じてもらうことさえできれば、子どもたちは自分から「もっとやりたい」と言いはじめる。「Kincon」の子どもたちは、雨が降って練習が中止になると、心の底から悔しがり“抗議”してくるという。厳しいチームでは「練習がなくなって良かった」と思う子も多いところだ。さらに、試合での起用法でも決めていることがある。

「練習試合はとにかく全員出します。試合前に伝えますよ。そうすると子どもたちは『よし、出られる』と思うじゃないですか。ただ大会に関しては、出られるとは限らない。これもしっかり伝えます。子どもたちも分かっています。そうすると『出られるために、努力しようよ』となりますよね」

【次ページ】佐藤代表の願い「野球を続ける受け皿に」全軟連も移籍を容認