阪神Women上本監督が実感…女子野球は「魅力が詰まっている」 執念は「想像以上」

公開日:2023.04.26

更新日:2023.12.26

文:橋本健吾 / Kengo Hashimoto

XFacebookLineHatena

2020年に引退した上本博紀氏…今年から阪神Womenの監督を務める

 結成3年目を迎えた女子硬式野球チーム「阪神タイガースWomen」を、今年から指揮するのが球団OBの上本博紀氏だ。昨年までは小学生チーム「タイガースジュニア」の監督を務め、今季から女子の指揮官に転身した元阪神の人気選手は、女子野球には多くの魅力が詰まっていると実感している。

 上本氏は2008年ドラフト3位で阪神に入団し、2014年に選手会長に就任。身長172センチと小柄ながら、パンチ力を生かした打撃と堅実な守備で通算698試合に出場し、“いぶし銀”の働きでチームを支えた。2020年に引退後は野球振興のため設立されたタイガースアカデミーのコーチに就任するなど、子どもたちに野球の魅力を伝えてきた。

 そして、今年から女子選手を指導。「現役時代は始球式などで見る機会はありましたが、監督の立場になり実際に練習を見ると、レベルは高い。男女で体力の違いはありますが、女子野球にしかない魅力もたくさんあります」と明かす。

 女子野球は金属バットを使用し、ボールは男子と同じ硬式球。既に練習試合などを行っているが、戦術やプレーなどで男子との違いを実感している。

驚かされた執念「看板を背負っている自覚を感じる」