ベストのタイミングは「筋肉の温度が高まっている時」

 講師を務めた「TURNIG POINT」のオンラインイベントでは、「ストレッチの効果的なタイミング」について質問を受けた。塩多さんはベストなタイミングに「筋肉の温度が高まっている時」を挙げ、具体的にはジョギングの後を勧めた。一方、風呂上がりは「ベターなタイミング」と答えた。風呂上がりに特別な効果は期待できないが、毎日の習慣と組み合わせると継続できると説明している。

「風呂は毎日入るので、その後にストレッチすることは習慣化に効果的です。本来は自分の体の動きを理解して、練習前にストレッチしたり、キャッチボールをして動きの悪さに気付いてストレッチしたりすることが理想です。ストレッチは好き嫌い、得意不得意ではなく、パフォーマンスアップに必要という意識で取り組んでほしいと思います」

 短期間で目に見える効果は表れにくいストレッチ。なぜ、どのように柔らかくするのか、具体的な野球の動きをイメージすると継続する意味が見えてくる。

【動画】腕が加速し、球速アップにつながる 肩甲骨周りのストレッチ