元楽天投手が指導「コーディネーショントレ」とは? 少年野球の子どもたちに最適

公開日:2022.09.18

更新日:2023.12.26

文:間淳 / Jun Aida

XFacebookLineHatena

元楽天の土屋朋弘氏は現役引退後、キッズコーディネーショントレーナーの資格取得

 セカンドキャリアでは、子どもたちの可能性を引き出している。楽天で投手としてプレーした土屋朋弘さんは今、仙台市で野球教室や運動能力を高めるキッズ教室を運営している。指導で重視しているのは、将来に向けて動きのバリエーションを増やす「コーディネーショントレーニング」。あらゆるスポーツに生きると言われているドイツ発祥のトレーニングで、野球でも投球、打撃、守備、走塁と全ての面で技術向上につながると期待されている。

 2013年まで楽天でプレーした土屋さんは現役引退後、打撃投手をしながらトレーナーの勉強をした。体作りやケア、トレーニング方法などを学ぶ中で、興味を持ったのがコーディネーショントレーニングだった。米国で設立されたトレーナーやインストラクターの資格認定団体「NESTA」の個人トレーナーとキッズコーディネーショントレーナーの資格を取り、昨年10月に「土屋教室」を始めた。

 教室では、野球技術の指導や体づくりのサポートもしているが、最大の特徴はコーディネーショントレーニングに重点を置いている点にある。運動能力が伸びるゴールデンエイジと言われる園児から小学生を対象に、イメージ通り体を動かせるようにするトレーニングメニューを組んでいる。土屋さんが野球に特化した教室にしなかったのは理由があった。

「今の子どもたちは昔と比べて圧倒的に体を動かす機会が減っています。体の動かし方を知れば、運動能力は上がります。子どもの頃に運動の楽しさを知って、運動を生活の一部にしてほしいと思いました」

【次ページ】ゲームやスマホなども影響…子どもの運動能力低下と姿勢の悪さに危機感

トレンドワード