意味ない声出し「バッチコイは求めず」 元プロの気鋭チームが重視する“将来の姿”

創部8年目の「明石ボーイズJr.」、創部当初は野球経験者が2人だった

 創部1年目は公式戦わずか1勝だったチームが、今や関西の強豪として知られるようになった。創部8年目の兵庫の軟式少年野球チーム「明石ボーイズJr.」で総監督を務めるのが、明徳義塾で全国制覇を経験し近鉄、オリックスでもプレーした筧裕次郎氏。選手には「目先の勝利ではなく将来、自分がどこの位置にいたいのか」を問いかけ、指導に情熱を注いでいる。

【無料で見られます】「近すぎる距離が成長を妨げる」年中夢球氏が解説する子どもとの“接し方”【TURNING POINT】

 西日本学童大会ベスト8、オリックス・バファローズCUPベスト4など近年、着実に力をつけているのが神戸、明石、加古川を中心に活動する「明石ボーイズJr.」だ。昨季もバファローズJr.に選手を輩出した筧総監督は「創部1年目は公式戦で1勝をあげるのがやっとでした」と当時を振り返る。

 チーム結成当初は約30人の子どもたちが集まったが、野球経験者は2人だけだった。敗戦が続く中でも、筧総監督が選手に求めたのは「将来、どのような選手になっていたいか。目指すところは何処なのか」だった。

 勝利を重ねることで得ることもあるが、敗戦から成長に繋がることも多い。学年によって個々のレベルも変わってくる。「もちろん、勝ちにもこだわりますが、そこまでの過程が大事。どれだけ準備して試合に臨んだのか。チームが勝ったり、試合で結果を残すには理由がある」。

【次ページ】「バッチコイ」は求めず…「意味のある声を出していこう」