真面目な球児ほど悩みを言えず苦悩 必要な覚悟…一番いい“高校野球の終わり方”

野球講演家・年中夢球さん、『おかげ』を『ために』に変えられる選手が成功する

 リトルリーグなどで約20年、野球の指導者として活動した人気の野球講演家・年中夢球(ねんじゅう・むきゅう)さんは、心に刺さる言葉で数多くの選手や保護者・指導者をメンタル面でサポートしている。途中で辞めず、高校野球最後の日を“笑って”迎えられるために、今から保護者が準備しておいてほしい心構えがあるという。講演などでもよく受ける質問の回答に思わず心をグッと掴まれる。

【無料で見られます】「近すぎる距離が成長を妨げる」年中夢球氏が解説する子どもとの“接し方”【TURNING POINT】

 年中夢球さんの教え子の1人に横浜高(神奈川)から法大を経て、DeNAに入団した石川達也投手がいる。プロ1年目のオープン戦を石川の父は息子の姿を見ながら「すごい選手はたくさんいたけど、途中で辞めてしまった子も多かった。アイツ(達也)は野球が好きでずっと続けることができたことが、プロになれたシンプルな理由だと思う」と話していたという。それを聞き、隣で年中夢球さんはうなずいた。「その通りだな、と。簡単なようだけど、好きであり続けるというのはとても難しいことでもあると思うんです」と振り返る。

 高校野球の期間に高校生が「辞めたい」と思うことは何度もあるだろう。ただ、それを乗り越えた先に手にできるものがある。好きであり続けた人間だけが、高校野球最後のステージに向かっていく。年中夢球さんは「指導者や仲間とのトラブルもあるかもしれないですけど、そもそも『自分はなぜ野球をやっているんだ』と原点に戻ってほしい。覚悟さえ決まってしまえば、全部に打ち勝てる。嫌なことに目が入らなくなると思うんです」と悩んでいる球児にメッセージを送る。

 真面目な選手ほど、一歩間違えれば野球に2度と戻ってこなくなるかもしれない。保護者からすると、愚痴でもこぼしてくれれば、家で相談に乗れるが「真面目だと悩みも言えない」。悩みを言える場所が家、相手は親であってほしいし、気付いてほしいと願う。

【次ページ】高校野球の終わり方「自分のために頑張ろうと思うことって、限界がある」