北海道の少年野球で囁かれる「小3問題」 “選手ゼロ”の町村も「その事実は衝撃的」

公開日:2021.12.11

更新日:2023.12.26

XFacebookLineHatena

地域のチームが初出場で全国3位、岩見沢南ビクトリーの坂下賢一監督が語る現状

 8月に新潟で行われた「高円宮賜杯 第41回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」に初出場して3位入賞した岩見沢南ビクトリー(北海道岩見沢市)は、昔ながらの地域のチームだ。ほかの地方都市と同じように競技人口の減少に悩む中、どのようにチームを運営し、指導に当たっているのだろうか。岩見沢南小の教員でもある坂下賢一監督に話を聞いた。

 今夏に快進撃を見せたチームには、6年生が10人いた。「それが大きいですね。体も大きくなったので、打撃練習に力を入れました」。昨冬から打撃マシンを使って打ち込み量を増やした。冬の期間に行う週3日の平日練習は、学校の体育館を利用。硬式テニスボールを用いたマシン打撃のほか、タッチプレーや牽制プレーなど省スペースでできる練習を行う。週末には近くの室内練習場を借りて実戦練習を行い、個々が課題を見つける。20代のOBコーチが2人おり、保護者も用具運搬や練習補助などでサポートする。

 1学年違えば、体格もかなり変わる。大柄な6年生のパワフルな打撃が躍進を支える一方、坂下監督は「ちょっと上手い下級生より、頑張ってきた最上級生の意地」を改めて実感したという。今夏は心身ともに充実した6年生が主体となって力を発揮した格好だが、毎年それだけの数の最上級生が揃うわけではない。現在は5年生5人、4年生7人、3年生が4人というメンバー構成だ。

 選手は岩見沢南小の児童が中心で、野球少年団がない岩見沢市内の小学校からも受け入れている。近年増えてきた地域を限定せずに広く受け入れるチームと違って、選手確保は容易ではない。坂下監督は「昔は何もしなくても選手が入ってきました。その後は体験会を通して入ってくれましたが、今や体験会をやっても、人数を集めることは厳しくなってきています」と現状を明かす。

 現在55歳の坂下監督が最初に岩見沢南小に赴任した30年ほど前、少年チームは市内に10チームあったが、現在は5チームに半減。以前は1校1チームが当たり前だったが、今は1校だけでは成り立たない。郡部に行けば、さらに顕著だという。「昔はどこの学校にもチームがありました。今は野球少年がひとりもいない町村も出てきています。その事実は衝撃的です」と憂う。

【次ページ】野球少年は減少も…「15年くらい前から高校野球到達率は高くなっている」