中学野球で“怪我しやすい”部位 年齢ごとに特徴も…選手を悩ませない「計画性」

文:高橋幸司 / Koji Takahashi

XFacebookLineHatena

中学生の怪我予防…硬・軟式の垣根越えたGアカデミーセミナーで語られたこと

 伸び盛りの中学野球選手にとって、技術の習得に劣らず重要なのが、怪我の防止と食事だろう。巨人が運営する「ジャイアンツアカデミー」は1月27日、都内で小学生以下の会員とその保護者約130人を集め、「中学生時代をどう過ごすか」をテーマにセミナーを開催した。

 講師として参加したのが、巨人の球団野球振興部長のかたわら、自宅のある群馬県高崎市で硬式野球チーム「高崎中央ボーイズ」の監督も務める倉俣徹氏、江戸川区立上一色中軟式野球部監督の西尾弘幸氏、今月発足したばかりの「ジャイアンツU15ジュニアユース」の代表を務める大森剛氏の3人。ここでも怪我の防止と食事が話題に上った。

 高崎中央ボーイズをチーム創設以来22年間指導してきた倉俣氏は、豊富な経験から「選手の怪我には年齢ごとに特徴があります。小学5、6年生は肘を痛めることが多く、中学1、2年生は膝の怪我、中学3年生になると肩の怪我が増えるので、そこに対しての予防が重要になります。予防で一番大事なのは柔軟性。計画的に育てる意識を持って、最新のスポーツ科学に則り、いろいろなデータを取りながらトレーニングを行っています」と話す。

 西尾監督は、上一色中野球部を率いて全国中学校軟式野球大会で準優勝2回、3位2回の安定した成績を誇り、2022年の全日本少年軟式野球大会では全国制覇を達成した。

 さすがは実績があるだけに、公立中学では異例と言えるほど指導陣が充実している。「私が主に打撃、若い教員2人がコーチとして守備を担当。それにトレーニングコーチ(塩多雅矢氏)に月3~4回来ていただき、ピッチングや、ストレッチなどフィジカルの指導をお願いしています。トレーニングコーチが指導したことはYouTubeに上げて、選手たちが家庭でも復習できるようになっています」。

 さらに、投手については「定期的に肩や肘を理学療法士の方がチェックし、怪我をした時にも対応していただいています」と西尾監督は説明する。きめ細かい指導で、怪我を最小限に抑えようと努めている。

「3年間で20キロ増やすイメージ」と倉俣氏…西尾氏は「どんどん食べなさい」

上一色中軟式野球部監督の西尾弘幸氏【写真:伊藤賢汰】

 食事については、倉俣氏が「最近の中学生の身長は3年間で平均20~25センチ伸びると言われている中で、体重は個人差もありますが、1年間に5~7キロ増やすのが良いと考えています。入団説明会でも保護者の方々に『50キロで入団した子は70キロで卒業していくイメージ。食事は相当重要です』と申し上げています」と具体的な数字を挙げる。

 個人差に応じて、無理をさせずに成長を促すことも大事。「発育、発達の成長スピードは最大で4歳差があるといわれています。つまり小6で中3の体格の子がいれば、中3でも小6くらい小柄な子もいる。晩熟の子には『高校に行ってから伸びる』という声掛けが必要と感じています」と倉俣氏は言う。

 食事に関しては、西尾監督は「中学には給食があります。栄養のバランスもいいから『どんどん食べなさい』と言っています。江戸川区では昨年から給食が無償化されたので、なおさらです」と笑う。こちらにも成長が遅く悩む選手がいるが、「『いま大きい子も小さい子も、いずれは同じになるよ』といつも声を掛けています」と強調する。

「コロナ禍前は、栄養学の専門家の指導を受けていましたが、大人数で集まることが難しくなって以降、中学OBの栄養士さんと保護者が個別に連絡を取り、相談できる態勢を整えています」とも付け加える。

 こうした好例を受け、4月に中学1年となる初代メンバー24人で2月から練習を開始した「ジャイアンツ U15 ジュニアユース」の大森代表は、「怪我予防を重視し、発育・発達別のトレーニングメニューを考えています。体格や成長具合に合った練習を追求していきたい。動作解析で故障の前兆がわかるといわれているので、そういったスポーツ科学をどんどん利用していきたい」との方針を掲げる。

 一方で「スマホ世代の選手たちなので、スマホのアプリを活用していきたい」と語り、「アプリを通して、指導者全員と1人の選手、あるいは1人の指導者と1人の選手が、グラウンド以外でも、普段の生活上の悩みや自主練習の相談、測定した数値のフィードバックなどを行っていきたい」とも。

 怪我の予防も食事も、最新のスポーツ科学の知識を生かし、個人差を考慮に入れて行うことが重要と感じさせられる。そして硬式・軟式に関わらず、多くの中学野球チームが横のつながりで情報を共有することができれば、球界全体の発展につながりそうだ。

上一色中・西尾弘幸さん、巨人ジュニア・西村健太朗さんも参加…無料登録で指導動画が200本以上見放題

 中学軟式の強豪・上一色中監督の西尾弘幸さん、巨人ジュニア監督の西村健太朗さんらも参加している野球育成技術向上プログラム「TURNING POINT」(ターニングポイント)では、無料登録だけで200本以上の指導・育成動画が見放題。First-Pitchと連動し、小・中学生年代の指導者の悩みを解決する最新理論や、プロが磨き上げた技術などを紹介しています。

■専門家50人以上が参戦「TURNING POINT」とは?

■TURNING POINTへの無料登録はこちら

https://id.creative2.co.jp/entry