100校超の誘いがあっても「早実一本」 “無謀な目標”叶えた元エースの進路の選び方

公開日:2022.06.26

更新日:2023.06.29

文:間淳 / Jun Aida

XFacebookLineHatena

中学2年で第1志望に早実 担任に「真面目に書け」と言われても貫いた目標

 100校以上からの誘いを断り、早稲田実業高の受験を決めた。都内で野球アカデミー「NEOLAB」を運営する内田聖人さんは、中学時代に大阪桐蔭高など約100校から声がかかる中、早実に進んでエースとなった。目標としていたNPB入りは果たせなかったが、「早実に行って心から良かったと思っている」と話す。なぜ、静岡県の“田舎”から東京の名門校を目指す異例の進路を選んだのか。文武両道を実現させた理由には、毎日の予習があった。

「中学2年生の進路面談で第1志望に早稲田実業と書いたら、担任の先生に『真面目に書きなさい』と怒られました。田舎だったので、県外に進学する人はいませんでした。市外の高校に行く人が少しいたくらいです」

 都内でオンラインサロンや野球アカデミー「NEOLAB」を運営する内田さんは静岡・伊東市の公立中学校から早実に進み、早大、JX-ENEOS、米国独立リーグでプレーした。早実の名を知ったのは、中学生になったばかりの時だった。当時所属していたシニアの指導者3人が過去に早実を受験して、不合格だったと知った。

「中学生にとってシニアの指導者は、すごい存在です。それでも合格できない高校があるんだと漠然と思っていました。そうしたら、斎藤佑樹さんがエースだった早実が甲子園で優勝して、『これは強すぎて自分が行ける高校ではないな』と感じました。ただ、行けないけど行きたいという思いはありました」

 中学入学当時、内田さんにとって早実は憧れであり、現実的な目標ではなかった。しかし、憧れで終わらせたくない気持ちを秘めていた。早実の推薦入試に合格するには、野球だけではなく勉強の成績も求められる。進路の選択肢にできるよう、毎日の予習を欠かさなかった。2つ年上の兄が使っていた教材で、全教科抜かりなく勉強した。

「早実で野球をやりたいという思いがあったので、勉強は苦ではありませんでした。勉強をやらされている感覚はなかったです。高校に行ったら勉強の目的がなくなって点数も思うように取れなくて、かなりつらかったですけど」

【次ページ】早実でプレーするイメージ膨らませて勉強 成績はほぼオール5

トレンドワード