野球オンリーの「勝利至上主義にならないで」 元燕の新人王が伝える“遊び”の重要性

公開日:2023.08.12

更新日:2023.12.26

文:高橋幸司 / Koji Takahashi

XFacebookLineHatena

スイッチの名選手を真似して左右のバランスを会得した笘篠賢治氏

 1989年にセ・リーグ新人王に輝くなど、ヤクルト、広島で俊足好守のスイッチヒッターとして活躍した解説者の笘篠賢治氏。硬式、軟式野球をプレーした3人の息子を育てた経験も踏まえて、将来の成長に向けて「少年野球の時期に取り組んでおくべきこと」を聞いた。キーワードは「バランス感覚」と「広い視野」だ。

「ボールを投げるにしても、打つにしても、守るにしても『バランス感覚』を養うことは、すごく大事です」

 そのためにも野球だけでなく、何でもいいので、“遊び感覚”でいろいろなスポーツにチャレンジしてみることも幼少時は大切だという。それは、さまざまな体の使い方を覚え、また、野球に生かせる共通点を発見する機会にもなる。笘篠氏自身は息子たちを体操教室に通わせていたことがあるといい、「体幹のバランスを鍛えるのにもよかった」と語る。

 笘篠氏自身がバランス感覚を鍛えたのも、“遊び”だったそうだ。俊足のスイッチ打者だったV9巨人のリードオフ、柴田勲さんを真似して、小さい頃は草野球で右だけでなく左打席でも打っていた。「大学(中大)からスイッチになりましたが、小さい時に遊びでやっていたおかげで違和感なくできたんです」。“遊び感覚”での両打ちで、自然に偏りのない体の使い方を会得していたわけだ。

【次ページ】ポジションを入れ替えての守備練習は「プロでもやること」