グラブとボールも運べるバットケース? 便利グッズ考案は野球少年のパパ社員

2021.09.12

TwitterFacebookLineHatena

フックもありネットにもかけられる、親子の共感を呼ぶアイテムに

ミズノのオールインワンバットケース【写真:編集部】

 ミズノトウキョウ野球売場安河内さんは「これ1つあれば遊びに行けるので便利。まだ市場に出ていないうちにスピード感を持って商品化しないと、二番煎じになってしまうので」と話す。発売されると、野球をしている子どもを持つミズノの社員も購入。親子で来店して手に取る人も多く、好評だという。

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 収束の兆しが見えない新型コロナ感染拡大で、野球も大きな影響を受けている。昨年のセンバツ高校野球は中止となり、今夏の甲子園は無観客で開催。少年野球の大会も全国で中止が相次いだ。開催されても、声を出しての応援が制限されたり、ベンチではマスクを着用したり、これまでと同じ形には戻っていないのが現状だ。

 家族で過ごす休日も制約されている。大勢で集まることや、都道府県をまたぐ移動は自粛を呼びかけられている。「外に出て親子で野球をするのは、新型コロナの感染リスクは低い。その時に、オールインワンバットケースなら多くの荷物を手に持ってということにはならないので、手軽に近くの公園や広場に行ける」とミズノの安河内さん。野球少年を持つパパ社員の考案は、コロナ禍でも体を動かす楽しみを失いたくない親子の共感を呼んでいる。

(間淳/Jun Aida)

【動画】グラブをバットケースと一緒に持ち運べる実際の映像