45年前からの理念 少年野球チームが怒声禁止、短時間練習、保護者の負担軽減を貫くワケ

公開日:2022.08.20

更新日:2023.12.26

文:間淳 / Jun Aida

XFacebookLineHatena

東京・関町ニューウエスタン 選手中心で野球を楽しむ指導にこだわり

 怒声や罵声の禁止、短時間練習、保護者の負担軽減など、少年野球のイメージとは異なる方針を掲げるチームが近年増えている。東京都練馬区で活動する「関町ニューウエスタン」もその1つだが、驚くのはチームを発足した45年前から理念を貫いているところにある。選手を中心に野球を楽しむことに、こだわり続けている。

 子どもたちが真剣なまなざしで白球を追う。思い通りのプレーに表情をほころばせる。周りの監督やコーチから褒められると、よりうれしそうな笑顔を見せる。子どもたちの元気な声が響くグラウンドに、大人の怒鳴り声はない。

 小学1年生から6年生まで27人が所属する「関町ニューウエスタン」は1977年に設立された。怒声罵声が当たり前だった時代で、異色のチームだった。理念は「Players Centered(選手中心)」、野球を楽しむことにこだわった。当時はコーチを務め、監督を経て現在は代表に就く尾崎晋さんは、45年間ぶれないチーム作りに務めてきた。

「今は厳しく禁止されていますが、勝つ野球を目指して厳しく指導し、監督やコーチが子どもを怒鳴ったり、手を出したりするチームを目にしてきました。そういうチームの子どもは、試合に勝っても楽しそうに見えませんでした。うちのチームは子どもの自主性を育てて、楽しく野球をやろうと考えていました」

 チーム創設当初から怒声罵声を禁じた。保護者の負担も最小限に抑え、お茶当番や練習参加の強制などはない。土日に朝から夕方まで丸一日練習するのが一般的な中、練習は日曜の3~4時間。長時間練習による怪我のリスクを避ける狙いと、小学生世代では野球以外の経験を積んでほしい思いがある。

【次ページ】習い事、スポーツの掛け持ち推奨 全選手が試合に出場する起用