中学受験の勉強で一時休部も快諾 「野球を好きになってもらうのは一番」

 尾崎代表らチーム創設メンバーや歴代の指導者の考え方は、現在チームを指揮する石川誠監督にも継承されている。石川監督も怪我を予防し、野球の楽しさを伝える指導に重点を置く。受験や他の習い事などによる一時休部も快諾している。

「野球を好きになってもらうことが一番です。このチームで仮に芽が出なくても、上のステージに行って伸びるかもしれません。故障なく野球を続けられるようにするのが役割です。中学で野球から離れても高校で再開したり、OBとして来てくれたりするチームにしたいです」

 実際、OBで野球以外の部活に入った中学生が、チームの練習や合宿に参加するケースも多い。大会で優勝する、甲子園やプロを目指すだけが、少年野球の目的ではない。最近の少年野球界の変化は、関町ニューウエスタンが45年前から貫く理念は間違っていないと証明している。

トレンドワード