中学1年で初めて甲子園をテレビ観戦、聖地でのプレーを目標に設定

 日々の練習の成果もあって、須永さんは試合に出場する機会が増えていった。サッカーで培った体力やフットワーク、視野の広さや声かけも野球に生きた。そして、シニアに所属していた中学1年生の時、さらにモチベーションを高めるきっかけが訪れる。

「父がテレビで見ていた甲子園を初めて見ました。大歓声の中、泥だらけでプレーする選手がかっこよくて憧れました。大歓声の甲子園でプレーしたいと思いました。そのためには中学でレベルアップして結果を残さないといけないと、練習への意識が変わりました」

 練習では、甲子園のマウンドや打席に立っている姿を思い描いた。自宅に帰ってからも想像を膨らませて、バットを振り、シャドーピッチングしていたという。

 須永さんは浦和学院に進学し、1年秋からエースとなった。2年春に選抜高校野球大会でベスト8に入るなど、3年春まで3季連続で甲子園に出場した。中学1年で掲げた目標を達成。園児や小学校低学年で野球を始めた選手に追いつき、追い越した。

「野球を始める時に学年は関係ありません。目的や目標ができれば上手くなるスポーツです。全国大会や甲子園を目標にする必要はありません。安打を1本打ってみたい、試合で1勝したい、何かに向かう挑戦や努力に意義があると思います。やってみることで、分かることや感じることがあります」

 アカデミーコーチになった須永さんは、目標を持つ大切さや個々に秘めた可能性を子どもたちに伝えている。

トレンドワード