梅雨の時期は自宅で野球の実力アップ 成長過程の少年少女にお勧めのトレーニング

公開日:2022.06.16

文:間淳 / Jun Aida

XFacebookLineHatena

掛川市の少年野球チームで指導する岡田千詠子氏は、北京冬季五輪出場選手も指導

 6月も半ばを迎え、日本列島は北海道を除く全地域で梅雨入りした。少年野球の練習や試合も、雨で中止になったり、室内トレーニングに変更になったりするケースが増える。まだ筋力が十分ではない子どもたちでもできる、この時期にお勧めのトレーニングがある。

 体に大きな負荷をかけずに筋力をつける。成長過程の小学生に向けたトレーニングを提案するのは、静岡・掛川市の少年野球チーム「グッドフェローズ」でコンディショニングコーチを務める岡田千詠子さん。全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーで、現役女子高生として今年の北京冬季五輪に出場した三木つばき選手のパーソナルトレーナーも8年ほど前から担当している。

 グッドフェローズは、選手の怪我を予防しながら、基礎体力や運動能力を伸ばすチーム方針を掲げている。目先の勝利や技術指導より、中学、高校でパフォーマンスを高める土台作りに重点を置く。岡田さんは、子どもたちの体の成長に合わせたトレーニングメニューを組んでいる。

 室内練習場や自宅でもできるトレーニングとして、岡田さんが勧めるメニューの1つは「回転する腕立て」。一般的な腕立て伏せはある程度の筋力がないと体が持ち上がらないが、岡田さんが指導する方法は小学校低学年でも取り入れられる。

【次ページ】下半身を強化する「フロントランジ」、片足跳びのけんけんでもOK

トレンドワード