手術10度、縫い目191針…「怪我で諦めないで」 元最多勝右腕が説く“準備の大切さ”

公開日:2023.12.06

更新日:2023.12.13

文:内田勝治 / Katsuharu Uchida

XFacebookLineHatena

2009年最多勝…プロ通算85勝の館山昌平さんが野球教室で熱血指導

 プロで酸いも甘いも経験した選手の指導は、小学生の心に深く刻み込まれたに違いない。3日、東京・西東京市の早大・安部球場で、西東京市、小平市、東久留米市の少年野球チームを対象とした「GRAFARE(グラファーレ)ジュニア野球教室」(タクトホーム株式会社主催)が行われた。

 楽天の今江敏晃新監督や、今季26本塁打で3年ぶりの本塁打王に輝いた浅村栄斗内野手、プロ20年間でゴールデン・グラブ賞を4度受賞した坂口智隆さん(元オリックスほか)ら、そうそうたるメンバーが参加する中、子どもたちの心を鷲づかみにしたのは、メイン講師を務めた元ヤクルト投手の館山昌平さんだ。

 ウォーミングアップでは、ストレッチの重要性を強調。自ら開脚を実演してみせ「足が90度以上開かない選手はプロ野球選手になれません。浅村選手だって1日に2時間やります。だからヒットを打てます。これは1人でもできる練習なので、しっかりやってください」と呼びかけると、一生懸命に体を折り曲げる選手たちの姿が見てとれた。

 キャッチボールではまず、ボールの握りから説明。「人差し指、中指、そして親指の三角形を意識して、きれいな形でしっかり握ることができていれば、いいボールを投げることができます」。人差し指と中指の間の幅については、「軽くパーをした時の指の幅が自然です。ボールを見ないでも、その幅で投げられるようにしてください」。

 投手を集めた指導では、リリースポイントの位置について「ガッツポーズは自然に出るものだから、その位置が一番、感覚があってスピードも出せます。わからなくなったら、そこで投げられているかを、監督やコーチに見てもらうといいです」。珠玉のアドバイスが次々と飛び出し、熱心にメモをとる指導者もいた。

「どうすれば怪我をしないか、今のうちに伝えておくことが大事」

選手1人1人にアドバイスをする館山さん【写真:荒川祐史】

 しっかりと準備を行うことが、怪我の予防にもつながる。そこには館山さん自身の苦しい経験がある。現役時代には3度の右肘じん帯再建手術(トミー・ジョン手術)を行うなど、計10度の手術で縫い目は191針に達する。2009年に16勝を挙げ最多勝に輝くなど、プロ通算85勝を挙げた代償として、傷だらけになりながらも右腕を振り続けた。

「(自分は)怪我をした経験がすごくあるので、どうすれば怪我をしないか、今のうちに伝えておくことが大事。それが子どもたちの幸せな未来につながる。自分の周りには、怪我で諦めてしまった人が多かったということもある。これからの子どもたちには、そのようなことがないようにという思いで話をしました」

 2015年にはカムバック賞を受賞。幾度の手術を経験し、復活した右腕からこそ、伝えられることがある。一人でも多くの野球少年、少女が怪我や痛みを抱えることなくプレーできることが、館山さんの願いだ。

最多勝に輝いた元NPB戦士ら50人以上が参戦「TURNING POINT」とは?

 プロ野球で実績を残した元選手たちも賛同する野球育成技術向上プログラム「TURNING POINT」(ターニングポイント)では、無料登録だけでも200本以上の指導・育成動画が見放題。First-Pitchと連動し、最多勝2度を誇る元中日エースの吉見一起氏ら50人以上の指導者が、最先端の理論などをもとにした確実に上達する独自の練習法や考え方を紹介しています。

■指導・育成動画が無料登録で動画200本以上が見放題

トレンドワード