常識覆す正面からのトスで打力アップ 社会人日本一チームの練習から生まれた“新型マシン”

公開日:2022.06.28

更新日:2023.12.26

文:間淳 / Jun Aida

XFacebookLineHatena

“斜めからトス”の常識覆す「フロントティー専用マシン」

 少年野球の子どもたちが、社会人日本一のチームと同じ練習ができる。野球用品を製造・販売する「フィールドフォース」が、正面からのトスで打撃練習ができる「フロントティー専用マシン」の販売を開始。ティー打撃は、斜め方向からのトスという常識を覆すマシンは、都市対抗野球大会優勝経験もあるNTT東日本の練習から生まれた。

 打撃練習の定番に「ティー打撃」がある。一般的には、打者が斜め前からトスされたボールを打ち返す。だが、フィールドフォースの吉村尚記社長は長年、疑問を抱いていた。「打者は試合で正面から来る投球を打ち返します。斜めからのトスを打ち返すと、体が開いた状態でスイングする子どもたちが多く、これでいいのかなという思いがありました」。

 今から3年ほど前、吉村社長の疑問を解消する出来事があった。社会人野球の名門・NTT東日本の練習見学に行くと、打者は正面からのトスを打ち返していたのだ。当時監督をしていた飯塚智広氏に「山なりの投球を打つ練習は、打撃で重要な“間”を取る感覚が身に付く」と説明された。そして「実戦に近い練習をするには、正対したティー打撃が有効。学童野球の子どもや、これから野球を始める子どもにも本当はやってほしい」と言葉をかけられた。

 吉村社長は自分の疑問が間違っていなかったと確信し「子どもたちに、この練習を広めよう」と決断した。問題は安全面。NTT東日本では、トスを担当するコーチや選手は打球がぶつからないよう目の前にネットを立て、トスと同時にネットの後ろに隠れる。少年野球の子どもたちが同じ練習をしたら、怪我をする恐れがある。人間のトス、投球に近い軌道で自動的に球を上げるマシンが必要だと考えた。

【次ページ】1912安打の井端弘和氏や社会人日本一監督も重視する遅い球を打つ練習