元ドラ1が危惧する「一番危ない」指導とは? 金の卵のブレークを阻害する“過干渉”

元ヤクルト“ドラ1”村中恭兵氏「いい指導しても、本人が理解しないと」

 ドラフト1位で指名された選手をはじめ、才能に溢れた“金の卵”たちが毎年、プロ野球の門を叩く。ただ、全ての選手がブレークできるわけでなく、頭角を現せないままユニホームを脱ぐケースも。自身の取り組み方やチーム状況、運など様々な要素が複雑に絡み合う中、一因として挙げられるのが首脳陣の指導。かつてのドラ1左腕は、自らの経験や後輩たちの姿から適度な指導のあり方を説く。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 結果が全てのプロの世界。周囲の期待が注がれる“ドラ1”は特に、その成否が議論の的になることも少なくない。今季限りで現役を引退した元ヤクルトの村中恭兵氏も、2005年の高校生ドラフト1巡目で指名された当事者のひとり。東海大甲府高から入団した当初は、様々な人から様々なアドバイスを受けた経験も。自身がこれから指導者の道を志す上で、“タブー”を心に刻む。

 素材がいいほど、開花させたいと躍起になるのが教える側の常。その選手が飛躍すれば、指導者自身の評価にもつながる。ただ村中氏は「指導者がいいというのは違うと思う。いくらいい指導をしたからと言って、本人が理解しないと良くはならないですから。選手自身が努力したから良くなったというのが大事」と言い切る。

【次ページ】パニック起こす選手「いろんなこと言われて、頭では分かっているけどできない」