子どもたちが選手を守備位置でお出迎え 西武が「SEED スターティングキッズ」実施

公開日:2023.05.07

更新日:2023.12.26

文:First-Pitch編集部

XFacebookLineHatena

2日と4日の日ハム戦で実施…その場で直筆サイン入りボールが贈られた

 西武は2日と4日の日本ハム戦(ベルーナドーム)開始直前に、守備位置につく選手たちをファンクラブのジュニア会員が出迎える「スターティングキッズ」を実施した。抽選で選ばれた18人のこどもたちが2人ずつ、投手を除く各ポジションで選手たちを出迎えてエールを送るイベントで、子どもたちにはその場で選手たちから直筆サイン入りボールが贈られた。

 イベントへの応募数は2日が495人、4日は730人。8日に新型コロナウイルスの感染法上の分類が5類に引き下げられることもあり、西武は今季、勝利時に選手がバックネット裏の階段を上がりファンとふれあう「ビクトリーロード」や、試合終了直後のグラウンドで子どもたちと選手がベースランニングで交流するイベントを復活させた。「SEEDスターティングキッズ」も2019年まで行っていた「SEED 花道ハイタッチ」イベントをアレンジし、今季から実施することになった。

 2日の試合で子どもにボールを手渡した西川愛也外野手は「めちゃくちゃ可愛くて癒しでした。これからもスタメンで出て子どもたちにボールを渡せるように、応援してもらった分プレーで返せるようにがんばります」とコメントしている。

「SEEDスターティングキッズ」は2023シーズン中に25回開催予定で、応募条件はファンクラブのジュニア会員であること。ジュニア会員は、年会費2200円(税込)で、全試合(試合日当日、引換対象席種に残席がある場合に限る)を無料で観戦できるほか、子ども向け施設のテイキョウキッズルーム、テイキョウキッズフィールドが30分無料で利用可能だ。

 地元の所沢市出身でジュニア会員だった2年目の羽田慎之介投手は、ブルペン付近の座席で投球練習を見に何度も足を運んだという。左腕は当時を振り返りながら「小学1年生から5年生くらいまで入っていました。ピンバッチをコレクションして楽しんでいましたね。ジュニア会員だと、たくさん試合を観に来ることができたので良かったです。ぜひジュニア会員になって球場にたくさん足を運んで応援してほしいです!」と語っている。