丸刈りや長時間練習など「いらない部分も」 鳥谷敬氏が危惧、野球離れに繋がる風習

公開日:2022.12.04

更新日:2023.12.26

文:上野明洸 / Akihiro Ueno

XFacebookLineHatena

鳥谷氏はロッテ・井口前監督とともに野球教室に参加

 今季までロッテの監督を務めた井口資仁氏と、阪神、ロッテで活躍した鳥谷敬氏が3日、井口氏の地元である西東京市の早大・安部球場で行われたタクトホーム株式会社主催の「GRAFARE(グラファーレ)ジュニア野球教室」に参加。キャッチボールやバッティングでは2人が1人1人に声をかけながら指導した。

 2021年限りで現役を引退し、この日のロングティーでも相変わらずのシャープなスイングを披露した鳥谷氏は「何より楽しくやるのが一番だと思うので、楽しく元気よくやってもらえたので良かった」と野球教室を振り返った。

 参加した77人の子どもたちに対し、時にイジりながらも、丁寧にアドバイスを送った。野球人口の減少が叫ばれる中ではあるが、鳥谷氏は「野球人口増加は難しい」と感じているという。だからこそ“辞める子ども”を減らす環境作りへの思いを持っている。

「今はいろんなスポーツ、選択肢があるので、(野球)人口を増やすのは難しいと思うんです。でも、野球を選択した子たちを、その途中で辞めさせないという動きができたらいいなとは思っています」

【次ページ】昔ながらの“風習”には「いらない部分もあると思う」