日本ハム伊藤が“大海シート”設立 子どもたちを招待「夢や希望を持つきっかけに」

公開日:2022.03.22

更新日:2023.12.26

文:First-Pitch編集部

XFacebookLineHatena

本拠地・札幌ドーム開催の主催64試合に各4人ずつ招待する

 日本ハムは22日、伊藤大海投手が本拠地・札幌ドームに「大海シート」を設立することを発表した。今季の主催64試合で、北海道の子どもたちを各4人ずつ招待する。

 招待するのは、伊藤の地元・北海道の児童養護施設に入所している子どもや、日本ハムが北海道に移転した2004年に生まれた新高校3年生、「将来の夢」をテーマにした作文公募の応募者らが対象。募集要項は決まり次第発表される。「広く大きな海のように、大きな夢を抱く人になってほしい」という思いから、自ら発案した。

 伊藤のコメントは以下の通り。

「様々な理由でサポートを必要とする子どもたちや、大海原へ出るように将来の大きな夢に向かってチャレンジする方たちに、野球というスポーツが夢や希望を持つきっかけになり、プロのプレーがもたらす感動や興奮がこの先の成長、自立につながってくれたらと思い、試合招待を企画しました。大海シートに座って応援してくれる皆さんの声援を力に変えて、2022年シーズンも全力でプレーしていきます」