日本初“少年野球チームを大学が後援” グランドで不思議な光景…監督は陸上経験者

公開日:2022.02.03

更新日:2023.12.26

XFacebookLineHatena

秋山監督は中学時代、野球チームに所属しながら陸上で全国大会に出場した経歴を持つ

 野球のユニホームを着た子どもたちが追っているのはサッカーボールやラグビーボール。東京・八王子市にある帝京大八王子キャンパスで活動する少年野球チーム「帝京ベースボールジュニア」の練習では、不思議な光景が広がる。掲げているのは、“マルチスポーツ”。秋山満監督は、多種多様な競技の練習を野球に取り入れることで、子どもたちの未来につながると考えている。

 帝京ベースボールジュニアは日本で初めて大学が後援サポートしている少年野球チーム。大学施設を利用し、野球の指導はもちろん、サッカーやラグビーなど野球以外のスポーツを練習に取り入れている。

 海外ではマルチスポーツが主流と言われているなか、日本では1つの競技に専念するケースが多い。「現在の子どもたちは野球以外の習い事も多く通っていて自分の時間も無い中、チームによっては気軽に休むことが許されない所もあるじゃないですか。他の競技をすることもなく、スポーツの楽しさを知ることができないので、指導者が子どもの可能性を狭める事に繋がるんですよね」と秋山監督は言う。

 秋山監督がマルチスポーツの良さに気づいたのは中学生の時。学校の陸上部に入部したのがきっかけだった。高校で野球を続けるための強化が目的だったが、三種競技で大阪1位となり全国大会出場も経験。そこで野球以外の競技の楽しさを感じた。

「日に日に記録が伸びる陸上が好きになって、本気で五輪を目指そうかなと考えたこともありました」と振り返る。陸上選手として数多くのオファーがあったが、高校から再び野球に専念した。

【次ページ】元ロッテの里崎智也氏が会長、荻野忠寛氏が副会長を務める