巨人の「55」を背負った172cmの小学6年生 衝撃の3本塁打だけではない凄さ

ジャイアンツジュニアで4番を務めた入江諒太くんは、本戦で3試合連発の大活躍を見せた

 身長172センチ、体重90キロの体躯から小学6年生とは思えない衝撃の打球を放つ。神奈川・川崎市で活動する久本ブルーエンジェルスの入江諒太くんだ。読売ジャイアンツジュニアの4番として昨年末の「NPB12球団ジュニアトーナメント」に出場。3戦連発の大活躍で元巨人右腕・西村健太朗監督にも「彼は別格だと思います」と言わしめた。期待の長距離砲はどのように育ったのだろうか。

【プレミアムプラン「無料体験」実施中】プロになるために大事な「時間の使い方」 各分野のプロが動画解説【TURNING POINT】

 日々のトスバッティングで使用するのは、大人でも重たいと感じる900グラムの木製バット。使い始めたのは小学4年生からだ。家で行う素振りも、社会人野球経験者の父・伸孝さんが現役時代に使用していたものや、1200グラムのマスコットバットなど、重さの違う4本を使い分けている。最初に自身の試合用バットでスイングし、その後両振りで上半身、股関節を使う素振りで下半身を鍛え、最後にもう一度、最初に使用した試合用でスイングする。「最初は重いと感じましたけど、慣れてきました」。今では、900グラムでも軽々と振り回すようになった。

 父と2学年上の兄・翔太さんの影響で、幼稚園の頃には野球に夢中だった。小学校に上がると同時にチームに所属。4年生の時には身長158センチ、体重70キロと大柄で、すでに高学年の試合に出ていた。

 日々の努力で培ったスイングは、ジャイアンツジュニアに選出後も異彩を放つ。「巨人のホームランバッターは松井秀喜さん」と、日米で活躍し、現ヤンキースGM付特別アドバイザーのレジェンドに憧れ、同じ背番号「55」を背負った。約40試合行われた練習試合を通じて打率は5割超え、10本塁打の“無双状態”だった。ただ、西村監督が大会中に明かした彼の凄さは、打撃だけではない。「彼は野球を知っています。考えながら取り組んでいると感じます」と評価する。

 普段の練習から「体を自由に使いこなせるように」という父からのアドバイスを参考に、敢えて左打ち、体を開かないように背中側からのトスバッティングなど、メニューも工夫を凝らす。本を読み、コーチに自ら聞きに行き、知識を深める。強打に目が行きがちだが、守備も怠らない。普段は投手や三塁が中心だが、ジャイアンツジュニアでは、慣れない一塁もそつなくこなした。

【次ページ】落合氏の本でルーティンの重要性を認識、自らも確立させジュニアトーナメントで3本塁打