親の指導だけでは「可能性に蓋をする」 レッド吉田さんが下した“人に預ける”選択

全国各地に“猛者”が…熱いオヤジは自分だけではなかった

 高校時代に甲子園に出場したお笑いコンビ「TIM」のレッド吉田さんは、5人の子どもを持つ父親。現在、小学5年生の三男・運(めぐる)くんをプロ野球選手にする目標を掲げ、親子二人三脚で奮闘している。すでに小学5年生でも有望な選手も多くいます。連載「レッド吉田の“巡る”野球界」。9回目は「子どもの見守り方」について語ってもらった。

◇◇◇◇◇◇◇

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 僕は運と一緒に野球をしていて、結構、熱いオヤジなんじゃないかなという自負がありました。しかし、自分だけが熱いと思っているのは大間違いで、全国には熱いオヤジがいっぱいいます。前回の連載で、運が元ヤクルト・坂元弥太郎さんの野球塾に通っていることをお話しましたが、ここにもいました。僕が足元にも及ばない熱いオヤジが。

 塾には運より3学年年下の小学2年生で、かわいい顔をした男の子がいます。びっくりするのは、この男の子は自宅のある練馬から自転車で野球塾に通っています。塾があるのは所沢ですよ!

 火曜、金曜の週2回、毎回です。この前、天気があまりよくなかった練習日、男の子のお父さんに「きょうも自転車ですか?」と尋ねたら、「まさか、こんなに雨が降るとは思いませんでした。この後、自転車で帰ります」と笑顔で答えていました。努力すれば必ずプロ野球選手になれるというわけではありません。それでも、人のやっていないことを継続する。こういう思いが夢を実現させるんだと思います。僕は、いかに自分がぬるいのか痛感しました。全国の熱いオヤジたちと、僕も戦っていかなければいけません。

【次ページ】見つめ直した子どもの見守り方と接し方