プロ目指す親子がなぜ野球と武道? 精神面だけでない「打撃にもつながる」共通点

レッド吉田さん「息子と一緒に習おうかと思っています」

 お笑いコンビ「TIM」のレッド吉田さんは1983年「夏の甲子園」に出場した元高校球児。小学5年生の三男・運(めぐる)くんがプロ野球選手になることを「吉田家の夢」と掲げ、日々親子で奮闘している。毎回、テーマを決めて子育てや野球を指導する難しさなどを語ってもらう連載「レッド吉田の“巡る”野球界」。第6回のテーマは、レッドさんが現在、注目している武道と野球の関連性についてです。

◇◇◇◇◇◇◇

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 プロ野球選手になるには技術が必要なのはもちろんですが、それに加えてメンタルが強くないとダメだと感じています。今は、息子の野球の技術が上がるように一緒に練習していますが、メンタルを強くするトレーニングを取り入れたいんです。それは何だろうと考えた時に、武道ではないかと。武道はメンタルをコントロールできます。

 精神力はパフォーマンスを発揮するためにも、努力を続けるためにも、すごく大事。一流のプロスポーツ選手の中には「宇宙人」と言われる人もいますが、それだけ自分をしっかり持っていて、周りに左右されないのだと思います。

 息子の目標はプロに入ることではなく、プロで活躍することです。そのゴールを考えた時に武道が大事になると考えています。僕自身が武道の経験がないのでどんなものが最も野球に活きるのか分からないのですが、合気道や古武術を息子と一緒に習おうかと思っています。

【次ページ】武道の心得は「野球以外にも活きてくるはずです」